落合斎場の家族葬の全てを。常日頃、実際に落合斎場で葬儀をサポートしていた元葬儀社の担当者がまとめました。落合斎場の葬儀や家族葬の費用を安くするコツや、ご遺族が心から満足して故人様をお見送りするためのポイントなど、是非、ご覧ください。

落合斎場と新宿区上落合

  • HOME »
  • 落合斎場と新宿区上落合

IMG_6268

Sponsord Link

落合斎場の住所は郵便番号161-0034
東京都新宿区上落合3-34-12に位置しています。

落合斎場がある新宿区上落合の歴史について調べてみました。

1878年、明治11年に東京府は15区と6郡に区分された。

6郡のうちの1つ、南豊島郡が落合の始まりである。
落合のエリアには江戸時代から荼毘所すなわち火葬所がありました。

落合斎場とは呼ばれてはいませんが、このころからすでに火葬場が落合にあったということです。

落合の名前の由来ですが、落合の北部にある妙正寺川と東部にある神田川が合流する地形から名づけられました。
川と川が落ち合うところという意味ですね。

1889年、明治22年に南豊島郡内の上落合村と下落合村が合併して落合村ができました。

1892年、明治25年に落合尋常高等小学校ができるまでは+A2寺子屋などがあり、そろばんや読み書きを教えていたそうです。
落合村は、学問の意識が高い地域だったことがうかがい知れますね。

そのころの子供達の服装はみんな和服で洋服の子はほとんどいなかったようです。

たんぼも多く、水車がまわるのどかな村だったようで夜には蛍が輝いていたそうです。

1893年、明治26年に東京博善が元の上落合村のエリアにあった寺院の荼毘所を買収して落合斎場になったのがこのころですね。

上落合にあった落合斎場は古くから著名人の火葬が多い事でもよく知られています。

1901年、明治34年には有名な政治家であった中江兆民さんの火葬が行われました。

夏目漱石は1916年、大正5年に落合斎場において火葬され荼毘にふしております。
夏目漱石さんの葬儀も落合斎場で行われたとありますので、この時にはすでに落合斎場に葬儀場があったと推測されます。

昭和の初期までは落合村には農家が多く存在していたそうです。
東京都で大根と言えば練馬大根などと言いますが大根は落合の方が本場だったようです。
有名ではありませんが落合大根が存在していたということですね。

1923年、大正12年の関東大震災に甚大なダメージを受けなかったため、移り住んで来た方が多かったようです。
1924年、大正13年に落合町に変わりました。

1947年に東京市四谷区、牛込区、豊多摩郡内藤新宿町、落合町、淀橋町、戸塚町、大久保町が前身となり新宿区となった

このように新宿区落合と共に落合斎場も幾度となく修繕や建て替えを繰り返し今に至るんですね。

落合斎場と新宿区上落合の歴史を調べてきましたが火葬場というと昔から後ろ向きな印象が強かったからか歴史的文献や資料が数少ない感じがあります。

思い返してみて気付く、葬儀と火葬と民衆の文化や習慣の重要性、今後はより大事にしていく社会に変化していくと思います。

gahag-0109954599-1

 

落合斎場の高額な葬儀社で後悔しないように・・・

歴史もある素晴らしい落合斎場ですが・・・・

 

高額の葬儀社に依頼してしまって、後悔した人の話をよく聞きます。

 

落合斎場の使用料はみな同じですが、葬儀代は葬儀社によって異なります。

 

高額の葬儀社って、今の時代でもまだまだかなり多いのです。

 

みんな低価格と思っている人達は、足元をすくわれています。

 

一度みてください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

ボッタくり葬儀社で葬儀をする人が多い

昔ながらに、葬儀費用が高い葬儀社で葬儀をする人がまだまだ多い。

 

それは、みなさんが低価格で良心的な葬儀社を知らないからです。

 

まだまだ高額な葬儀社が多いなか、低価格の葬儀社も増えています。

 

葬儀費用は車一台分違うくらいに違います。本当ですよ。

 

ご遺族が後悔しないように、低価格で親切な葬儀社に依頼しましょう。

 

ぜひ一度みてください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

Sponsord Link

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-81-9494(フリーダイヤル) 受付時間 24時間年中無休

PAGETOP
Copyright © 家族葬専門店ダビディア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.