落合斎場の家族葬の全てを。常日頃、実際に落合斎場で葬儀をサポートしていた元葬儀社の担当者がまとめました。落合斎場の葬儀や家族葬の費用を安くするコツや、ご遺族が心から満足して故人様をお見送りするためのポイントなど、是非、ご覧ください。

落合斎場の時代による葬儀の移り変わり

  • HOME »
  • 落合斎場の時代による葬儀の移り変わり

IMG_0459

Sponsord Link

落合斎場の葬儀について見てみましょう。

今、葬儀は大きな変革の時期にあると言えます。

葬儀のスタイルが大幅に変わってきています。

落合斎場の葬儀といえば、会社関係、ご近所関係、町会関係、友人関係など一般の方をお呼びする一般葬が主流でした。

しかし、最近では落合斎場においても、変化が見られます。直葬と家族葬という葬儀形式が主流になっています。

直葬は、お通夜も告別式も行わず、火葬場へ直行する葬儀の形式です。

ですので、費用も安くすむので、それも増えてきている要因の1つかもしれません。

また、落合斎場でもう一つ、増えているのは家族葬でしょう。

家族葬が多くなっている要因はなんでしょうか。

①費用が安くなるイメージがある
②多くても家族、親族だけなのでゆっくりお別れができる
③一般の方を呼ばないので気を使わなくてすむ
④ご近所付き合いが希薄になっている
⑤高齢になっていて友人などがすでに亡くなっている

このような要因が考えられます。

この中で①番には注意する必要があります。
当然ですが、一般の方を呼ばないので料理代金やお香典返し代金が安くなるのは当たり前ですね。

しかし、葬儀代金はどうでしょう。
家族葬とはいえ、祭壇を高級な物にし、お棺もグレードを上げて、霊柩車も・・・などという事になると葬儀代金はあまり変わらないという事になってしまう事もあるんですね。

また、一日葬という形式も徐々にではありますが増えてきています。

お通夜は省略して、告別式からのみ行う葬儀形式ですね。

落合斎場の一日葬の注意点をご説明します。

①お寺さんに確認をとる
※宗教的にNGと考えるお坊さんもいます。
②お通夜に勘違いして来られる場合もある。

p1

一日葬は家族葬ほどには、皆様に浸透していないので上記のような心配材料があります。
しっかりとお伝えすることが重要です。

また一日葬は、現在の社会的背景やニーズにお応えした葬儀形式であり、宗教上での葬儀
形式ではありません。
当然、受け入れられないお寺さんもいらっしゃるのです。

今後の落合斎場でも、家族葬や直葬が増えていくでしょう。
どうしたって、安くて気も使わないという事であれば増えていくのを止めるのは難しい事です。

また落合斎場の利便性の高さや、整えられた設備面が、さらに落合斎場での家族葬を後押しするはずです。

2015年ごろの年間の死亡者数がおよそ130万人。

2030年には死亡者数が160万人を超えると言われています。

葬儀の件数自体が増えていくので、直葬、家族葬とも確実に増加していきます。

葬儀件数全体の直葬と家族葬の割合も増加していくことが予想されるので、直葬、家族葬の件数は右肩上がりになります。

火葬だけでも落合斎場を予約するのが1週間待ちになるなど、困難になることも予想されます。

落合斎場の葬儀場を予約して葬儀を行うとなると、1週間以上待たされるなど、さらに予約するのが難しくなることでしょう。

増える死亡者数に対応して落合斎場もさらなる変化をする必要があるかもしれませんね。

 

Sponsord Link

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-81-9494(フリーダイヤル) 受付時間 24時間年中無休

PAGETOP
Copyright © 家族葬専門店ダビディア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.