落合斎場で家族葬を行った場合、花と言えば・・・

 

生花

 

落合斎場で花と言えば・・・

次の項目が考えられます。

 

◆祭壇の花

◆生花(供花)の花

◆お棺に入れるお別れ花

 

詳しくみていきましょう。

◆祭壇の花

現在では、葬儀の祭壇は生花の祭壇が主流となってきました。

 

基本的には葬儀社の基本祭壇があり、基本の花や形は決まっ

ています。

 

好きなお花や好きな形で祭壇を依頼する事は可能ですが、

オリジナルとなりますので費用は高くなるでしょう。

 

昔は白木の祭壇で、ほとんど花も使われていない祭壇もあり

ましたが、今では少なくなっています。

 

今では白木の祭壇は使い回しということもあり、敬遠されて

いる傾向にあります。

 

◆生花(供花)の花

供花とは、祭壇の両脇に飾られているお花です。

 

祭壇の両脇に名札がついて、飾られているあれです。

みなさんも見た事があると思います。

 

昔はキクの供花が定番でしたが、今では洋花の白やピンク、

紫など様々な色のお花が使われています。

 

◆お棺に入れるお別れ花

最後のお別れの儀でお棺にお入れするお花ですね。

 

これは、祭壇のお花や供花のお花をつんで入れるカタチに

なりますね。

 

Sponsord Link