家族葬の方式は普通の葬儀とは違うのでしょうか?

 

方式

 

落合斎場を例に、家族葬と普通の葬儀の方式は違うのまとめてみました。

 

方式は一緒

家族葬も普通の葬儀も方式は一緒です。

 

お通夜もやるし告別式もやるので一緒です。

 

日程も時間も一緒です。

 

家族葬も普通の葬儀もほとんど一緒です。

 

何が違うの?

家族葬と普通の葬儀、いったい何が違うの?

 

参列で来る人々の数が違います。

 

家族葬は来ても親族くらい、普通の葬儀は全般的に案内しますので何人くるかわかりません。

 

顔が広く社会的地位が高い方の場合、500人以上の方が参列する事もあります。

 

何が違うの?より細かく!

普通の葬儀の方がたくさん人が来るとゆうことは、料理も返礼品も人数に合わせて大量に準備しなければなりません。

 

たくさんの方が来る以上、見栄もありますので、祭壇やお棺のグレードを上げる場合が多いので、その分は料金があがるでしょう。

 

しかし、人がたくさん来る分、お香典も多数です。

収入の現金もかなり多くなるのです。

 

気を使う事も多くなりますけどね。

 

ここだけの秘密の話ですが、大人数の場合、接待も全員にしきれないので、逆にお香典のお金がうく事が多いです。

葬儀代が出ちゃうなんて事も・・・

 

人数が少ないと、逆にゆっくりと食事して、ゆっくりお酒飲んで・・・

つまり客単価が高くなるんです。

 

Sponsord Link