生花は持ち帰る事が可能です。

 

葬儀の供花

 

葬儀社の方に依頼すると、生花をご自宅まで運んでいただけますよ。

落合斎場の家族葬の場合と生花の持ち帰りについてまとめました。

 

生花とは?

生花とは祭壇の両脇に飾ってあるお花の事です。

 

「喪主」など名札付いているあのお花です。

 

供花とも呼ばれます。

 

生花は持ち帰りも可能

生花は持ち帰る事が可能です。

 

たとえば生花が10基あったとすれば、その中の2基の生花をご自宅に持ち帰ることなどはよくあることです。

 

2基が多いのは、葬儀後にご自宅に飾る後飾りの両脇に1基ずつ飾る事ができるからです。

※後飾り・・・葬儀後に遺影や骨壺や位牌を置く台

 

4基持ちかえる場合もありますが、スペースが必要ですので注意が必要です。

 

生花を花束に

最近では生花をご自宅に持ち帰る人も少なくなってきました。

 

お世話になった葬儀社さんとはいえ、ご自宅まで持ってきてもらうのは抵抗がある方などもいらっしゃいます。

 

その場合は、生花を何個かの花束にしてもらい、ご自分で持ち帰ります。

 

生花はそのままの場合、かなり重く持ち運びにくいので、大変です。

 

葬儀社の方にご自宅まで運んでもらう場合も、ご自宅があまりにも遠い場合などは無理な場合もあります。

 

Sponsord Link