お通夜の時間ってどのように決まるのでしょうか?

 

お通夜

 

落合斎場の家族葬の場合のお通夜の時間についてまとめました。

 

通夜の開式は午後6時が一般的

お通夜の開式時間は午後6時がもっとも一般的です。

 

特に事情がなければ、普通は午後6時になります。

 

なぜ午後6時?

なぜお通夜は午後6時開式なのでしょうか?

 

理由の1つとして、会社帰りの方が参列しやすいようにという理由があります。

 

また、もう1つの理由として葬儀場の閉館の時間があります。

 

だいたい午後9時に閉館となる場合が多く、食事などの時間を考慮すると午後6時開式が都合がよいのです。

 

通夜の時間は何時でもかまわない

しかし、実際はお通夜の時間は何時でもかまいません。

 

ただし、お通夜という以上、夕方以降になります。

 

もっとも早くても午後5時くらいですかね。

 

事情があれば午後4時でもかまいません。

 

遅ければ午後9時でもかまいません。

 

ただ、葬儀場の利用時間が問題なのです。

 

お通夜の日の葬儀場の利用時間はだいたい午後3時くらいから午後9時くらいです。

 

この時間は葬儀の設営時間も含めるので現実的に午後3時開式は不可能です。

 

もし自宅で葬儀をするのであれば、時間の制限はありませんので、何時でもかまわないのです。

 

Sponsord Link