喪主と施主は何が違うのでしょうか?

 

喪主 (3)

 

落合斎場で普通の葬儀や家族葬を執り行った場合を例にまとめてみました。

 

喪主は長男

たとえば、お父様がお亡くなりになり町屋斎場で家族葬を執り行ったとしましょう。

 

喪主にはご長男がたちました。

 

喪主の長男の役割

喪主の長男の役割としては、葬儀全般の責任者となります。

 

詳しい内容としては、

 

葬儀の内容や詳細、日程の決定

葬儀時における各種あいさつ

親族や参列者への対応

葬儀の問い合わせに対する窓口

宗教者とのやりとり

 

葬儀や家族葬を執り行ううえで、首尾よく運営するための責任者ですね。

 

施主はおじいちゃん

次に施主について説明します。

 

お亡くなりになったお父様のお父さん、つまり喪主のおじいちゃんです。

 

遺族になんらかの事情があり葬儀費用の支払いが困難なので、葬儀の費用をおじいちゃんが支払う事になったとしましょう。

 

こういった場合のおじいちゃんは、施主という役割になります。

 

施主の役割

施主の役割とは・・・

 

ずばり葬儀や家族葬における費用を出す人です。

つまりお金を払う人ですね。

 

Sponsord Link