家族葬や一般葬などの葬儀における親族の並び順!

 

家族葬2

 

迷ってしまいますよね。

親族のかたも遠慮して、なかなか席につかなかったりします。

 

落合斎場の家族葬や一般葬を例に説明していきましょう。

 

祭壇に向かって右側

祭壇に向かって右側には、ご遺族が座ります。

 

喪主が故人に一番近い位置に座ります。

 

ついで近い人から座っていきます。

 

故人の家族、孫、孫の家族、配偶者、配偶者の家族、などが座ります。

 

祭壇に向かって左側

祭壇に向かって左側は、故人の兄弟や家族が座ります。

 

故人に一番近い方が一番故人に近い位置に座ります。

 

ついで、近い方から順に座っていきます。

 

故人の兄弟や家族、その孫、配偶者、配偶者の家族ですね。

 

一般葬の場合

一般葬のお焼香所は、祭壇と逆側に設けられます。

 

ですので、喪主は祭壇と逆側、お焼香場に一番近い位置に座る場合もあります。

 

家族葬の場合

家族葬の場合は人数が少ない事もあります。

 

その場合は、右側と左側に人数がかたよってしまうこともあります。

 

それですと、バランスが悪いので、そういった場合は、均等に両側にわかれて座りましょう。

 

Sponsord Link