家族葬と一般葬!

費用に差がなく驚き!

これは本当の話しなのでしょうか?

 

ヒミツの情報

Sponsord Link

 

実はこれは考え方しだいで、考え方によっては、とうぜん費用に差が出ます。

しかし、考え方によっては家族葬と一般葬の費用に差がないとも言えます。

 

家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違いと言ったら・・・

それは、葬儀に一般の人々を呼ぶか呼ばないか、これだけの違いです。

 

他に違いはありません。

 

家族葬と一般葬の費用に差がないとは・・・

家族葬と一般葬の費用に差がないとは・・・

たとえば以下のように考えてみてください。

 

家族葬・・・遺族・親族だけで30名

一般葬・・・遺族・親族が30名 + 一般10名

 

これで費用に差が出ると思いますか?

一般の方が増えれば、返礼品代と料理代は多少、上がりますが、そのぶんお香典ももらいます。

ですのでほとんど、変わらないのです。

 

ただし、一般葬だからと言って、祭壇や棺を豪華にしたりすると、グンと費用が上がります。

べつに家族葬用の祭壇や棺で一般葬をしてもいいのです。

であれば、家族葬と一般葬の費用はほとんどかわりません。

 

一般葬で参列者が300人とか来れば・・・

たとえば、一般葬において300人くらい人が来れば・・・

もちろん人が多くなれば、返礼品代も料理代も、かなり高くなります。

ですが、お香典もだいぶもらう事になります。

 

ですのでそこまで費用は変わらないはずです。

 

費用が変わる場合というのは、必要以上に祭壇を豪華にしたり、棺を豪華にしたり・・・しているからです。

人が増えれば、もちろんスタッフも増えるので、多少の費用は上がるでしょう。

また大きい葬儀場を借りた場合も費用は増えますが、100人くらい会葬者であれば、家族葬で利用するのと同じ葬儀場でみなさん行っています。

 

ですので基本的に、家族葬用の葬儀準備で一般葬を行えば、費用はあまり変わらないのです。

 

葬儀社によっては、一般葬という形式だけで、費用が上がるところもあるので注意が必要ですね。

 

格安な家族葬をする葬儀社を探す

 

格安な家族葬をする葬儀社を探しましょう。

そうすれば、100人くらいの一般葬を行っても、あまり家族葬と費用は変わりません。

 

もちろん、スタッフの増員などで、費用は多少なりとも上がるとは思いますが・・・

 

高額な葬儀社に依頼するよりは、だいぶ安くなるでしょう。

 

以下で、格安な葬儀社を紹介します。

ぜひ、ご覧ください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場の格安家族葬

 

以下に落合斎場での格安家族葬を紹介します。

ぜひ、ご覧ください。

 

どうしても格安家族葬を調べる時間がない方もいると思います。

そんな時は、ぜひ、ご参考にしてください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

Sponsord Link