落合斎場で一般葬を行うとしましょう。

参列者の人数はどうやって考えればいいのでしょうか?

 

疑問

Sponsord Link

 

落合斎場の家族葬と一般葬を比較して、人数についてみていきましょう。

 

落合斎場の人数

落合斎場では、小さな家族葬から大規模な社葬まで執り行う事が可能です。

過去には、1000人近くの会葬者が訪れた葬儀も、もちろんあります。

 

ですので落合斎場はあらゆる規模の葬儀に対応できると考えて間違いないでしょう。

 

参列者の人数

参列者の人数

 

家族葬の場合

遺族、親族、すごく仲のよい一般の方

 

一般葬の場合

遺族、親族

友人、会社関係、町会関係、ご近所関係、その他所属団体などなど(故人と遺族それぞれの)

 

それぞれの関係が、だいたいどれくらいか検討しながら、参列者の人数が計算します。

 

一般葬の人数

一般葬の人数を考える時に、参考にするものに、年賀状の枚数があります。

年賀状とやりとりしている仲の方の場合は、葬儀に参列してくれる可能性が高いからですね。

 

参列者の人数 まとめ

参列者の人数を考える時は、最初に、故人と遺族それぞれの年賀状をみてみましょう。

そして、それぞれのグループにわけてみましょう。

 

親族、会社関係、友人関係、その他所属団体などなど

あるていど、人数がわかってくるかと思います。

 

そしてグループごとの代表者を決めて、その方に連絡しましょう。

グループ内での告知は代表者にお任せできれば、効率がよいでしょう。

 

最後に・・これを絶対にみてください

参列者の人数を把握する事も大事ですが・・・

それと同じくらい、葬儀は絶対に事前の準備が大事です。

 

事前の準備をすることにより、葬儀費用は50万も100万も安くなる可能性が高いです。

 

もしもの時に、後悔をしないためにも、ぜひ以下をご覧ください。

 

格安で優秀な葬儀社

葬儀というのは、かなり高額な儀式です。

普通に普通の葬儀社に依頼すれば、高額な費用になるのです。

 

その一方で、格安で素晴らしい葬儀社もでてきました。

しかし数が少ないので、一般の人では探すのが難しいのです。

でもそれはやり方しだいなのです。

 

探す方法さえ知ってしまえば、誰でも格安で素晴らしい葬儀社に出会えるのです。

 

高額な葬儀社と格安の葬儀社では、葬儀費用が50万、100万違う事も珍しくありません。

後悔する前に、ぜひ、以下をご覧ください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

時間がない・・・

事前の準備の大切さは、わかるけど時間がない・・という方は以下をご覧ください。

落合斎場で私が知っている限り、もっとも安い葬儀社です。

 

評判もよくリピーターの方も多いようです。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link