超簡単にわかる!

葬儀の日取りの決め方!

 

日取り

Sponsord Link

 

葬儀の日取りとはどのように決めるのでしょうか?

落合斎場の家族葬や一般の葬儀を参考に、葬儀の日取りの決め方についてみていきましょう。

 

葬儀の日取りは葬儀社が予約する

葬儀の日取りは、最終的には葬儀社が予約する。

一般の人では、どのように予約すれば、わからないため、基本的には葬儀社と打合せしながら予約してもらいます。

 

日取りはどうやって決めるの?

日取りはどうやって、決めるのでしょうか?

日取りは決めるためには、葬儀場と火葬場を決定しなければなりません。

空き状況やその他の条件を調整して予約をするのです。

 

希望の場所が決まっている場合

ご希望の場所があれば、葬儀社に伝えて、空き状況を確認してもらい、予約します。

 

また、檀家で菩提寺がある場合は、お寺さんの予定も考慮しなければなりません。

葬儀場と火葬場の空き状況、お寺さんの予定をあわせて日取りを決定します。

 

檀家でない場合は、お寺は葬儀社からの紹介となる場合が多いです。

紹介の場合は、遺族の都合にお寺もあわせてくれます。

 

希望の場所がない場合

葬儀場と火葬場の希望の場所がない場合は・・・

葬儀社の方から、葬儀場のいくつかの候補をあげてもらい、打合せで決定します。

 

場所が決定した後は、空き状況やお寺さんの予定を調整しながら、日取りを決めます。

 

日取りの決め方・・・まとめ

日取りを決めるには、決定した葬儀場や火葬場の予約状況を確認します。

檀家の場合は菩提寺の予定とあわせて、日取りを決定します。

日程さえ決まれば、予約は葬儀社の担当者が行ってくれます。

 

日取りの決め方・・・あとこれもかなり大事です。

日取りの決め方のイメージはつかめたでしょうか?

葬儀の日取りも大事ですが、同じくらい大事な事をご紹介します。

 

葬儀が高額なものとは、みなさんご存知でしょうか?

葬儀とは200万とか300万とか、かかる人も多くいます。

 

高額な葬儀をして、一生後悔したり、葬儀後にお金の返済で困っている人もいます。

故人のために葬儀をして、後悔するなんて、いやですよね。

 

高額で葬儀ができないという人も増えています。

最近では、葬儀離れがおきています。

費用が高額すぎるという理由で、葬儀を行わずに火葬のみの人が増えているのです。

 

葬儀はしない方がよい?

葬儀をして後悔するくらいなら、葬儀はしない方がよい?・・・

なんて思う人もでてくるでしょう・・・

 

ですがこれを解決する方法があります。

いままでの常識をぶち破り、格安でもすばらしい葬儀社がでてきたのです。

 

 

高額な葬儀社より100万円安くなった、なんて事もありえます。

ぜひ、ご覧ください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場の格安葬儀

探す時間がない人でも格安葬儀ができるように・・

 

高額な葬儀で後悔しないように・・・

ぜひ、参考にしてください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link