落合斎場の火葬時間!

地方の親戚が驚く理由とはいったいどんな理由なのでしょうか?

 

びっくり

Sponsord Link

 

落合斎場の家族葬や一般の葬儀を例に火葬時間についてまとめてみました。

 

落合斎場の火葬時間

まずは新宿区にある落合斎場の火葬時間についてみてみましょう。

 

火葬時間は状況によって、変わりますが、平均的には50分くらいです。

 

平均的に50分なので、早い時は40分くらい、遅い時は1時間を超える場合もあります。

 

地方の親戚が驚く理由とは・・・

地方の親戚が落合斎場に来場した時、火葬時間を知って驚く理由とは・・・

あまりに火葬時間が短くて、驚いているのです。

 

地方の火葬場は、だいたい90分くらいのところが多いでしょう。

そうなのです。

落合斎場の下手をすれば倍くらいの火葬時間がかかっているのです。

 

ですので、落合斎場の火葬時間に驚くんですね。

 

なぜ火葬時間がそんなに違うの?

なぜ、地域や場所により、火葬時間がそんなに違うのでしょうか?

火葬時間が異なる大きな理由の1つに、運営元の事情があります。

 

落合斎場は民営の火葬場であり、会社や社員が存続していくために、利益を追求しなければなりません。

ですので、火葬時間もなるべく短縮して効率よく、運営していかなければならないのです。

 

一方で、地方の斎場は、地方自治体が管理運営する公営の火葬場が多いです。

公営の場合は、税金で運営されているので、利益追求ではなく、住民のための運営になります。

ですから、公営の場合は、火葬時間が長めになるのです。

 

告別式、火葬、収骨、終わる時間は?

落合斎場で告別式、火葬、収骨と参列した場合、終わる時間はどれくらいになるのでしょうか?

たとえば、告別式が午前10時から開式だったとします。

 

午前10時 告別式開式

午前10時45分 お別れの儀

午前11時 出棺

午前11時10分 火葬

午後12時 収骨

午後12時20分 精進落とし(食事)

午後1時から1時30分 終了

 

告別式の開式から収骨までが、およそ2時間です。

告別式の開式から食事まで、最期までいれば、およそ3時間から3時間半です。

 

最後に・・・

最後にお伝えしたい事があります。

それはみなさんにとっても、行く行くは大事になってくることだと思います。

 

実はいま、日本国民が葬儀はしない、という重大な問題が発生しています。

その大きな原因の1つは、高額するぎ葬儀費用です。

葬儀料金が高すぎるので、みなさん、葬儀はしなかったり、やらないのです。

 

大事な人の葬儀もできない・・これは本当に残念な事です。

ですが、もし、安くて素晴らしい葬儀があったらどうでしょうか?

また、少しつずつ、葬儀をする人が増えるのではないでしょうか?

 

実は、あまり知られていませんが、安くて素晴らしい葬儀というのは探せがあるのです。

みなさんも事前に準備をしておけば、大事な人の葬儀を、安いのにすばらしくできるのです。

 

安くて素晴らしい葬儀

安くて素晴らしい葬儀・・・探すのは大変そうです。

そうです。

何も知らなければ、とても大変でしょう。

 

ですが方法さえ知っていれば・・・

誰でも簡単に探す事ができるのです。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

事前に探す時間がない方々も・・・

 

事前に探す時間のない人々は・・・・

低価格で安心の葬儀ができない、なんてことにならないように・・・

 

落合斎場で低価格で素晴らしい葬儀社を紹介します。

ぜひ、検討してください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link