枕団子と枕飯はどうすればいいの?

葬儀場に持っていきます!

 

枕飯と枕団子

Sponsord Link

 

 

一般的には、ご遺体をご安置した後、枕飾りを設置します。

枕飾りとは、お線香をあげられるように準備する、香炉やリン、机のことですね。

その時に、枕飯と枕団子も用意しますが、葬儀の時にはどうすればよいでしょうか?

落合斎場の家族葬を例に、枕団子と枕飯について、みていきましょう。

 

枕団子と枕飯

枕団子と枕飯は、枕飾りと一緒に準備します。

ご遺体をご安置した時にというになりますね。

 

ゴハンは故人の使っていたお茶碗に、てんこ盛りにして、使用していたお箸を2本とも真ん中に垂直にたてます。

団子は、葬儀社が上新粉を持ってきますので、それで6個のお団子を作ります。

 

しかし、最近では準備しない事も増えているようです。

それはご遺体の安置所に理由があるようです。

 

安置所は共用

ご自宅であれば、ご家族だけなのでゴハンと団子を作って置く事は問題ありませんが・・・

安置所の場合は、複数のご遺体が安置されている事がほとんどです。

安置場所も面会をされる場所も共用の場合が多いです。

 

なので特定の故人に対する枕飾りを設置する場所がないんですね。

枕飾りを設置するのであれば、ご自宅以外は難しい時代になっています。

 

枕団子と枕飯は葬儀に持って行く

作った枕飯と枕団子は、葬儀の日に葬儀場に持って行きます。

設営した祭壇に、枕団子と枕飯もお供えするのです。

 

落合斎場の家族葬でも、他の葬儀場の場合でも、枕団子と枕飯はお供えします。

 

ご遺体が安置所の場合は、枕団子と枕飯を作っていないと思いますので・・・

葬儀の日に、自宅で作って、葬儀場に持って行きましょう。

 

枕団子と枕飯は出棺の前にお棺に

ほとんどの場合で、枕団子と枕飯は、出棺の前にお棺の中に、納めます。

地域によって異なる場合もあります。

 

枕団子と枕飯 最後にひとつ・・・

枕団子と枕飯について、一般的にな事をお伝えしました。

しかし、葬儀の慣習については、昔ながらの地域性の方が実際は強いです。

地域によっては、まったく違う場合もありますので、ご注意ください。

 

この機会に1つ、大事は事をお伝えさせてください。

みなさんにも、深く関係していることです。

 

葬儀が高すぎて、やらない時代に

実は昨今、日本では葬儀をやらない人が増えてきました。

その理由はというと、葬儀が高額すぎるのです。

 

現代社会に適していないのです。

葬儀が高すぎてできない人・・・

葬儀が高いのでやりたくない人・・・

葬儀を一度したが二度とやりたくない人・・・

 

こんなさみしい時代になっているのです。

結論は1つ、低価格でみんなが葬儀ができる時代になってほしいです。

 

実は低価格でみんなができる葬儀がある

実は低価格でみんなができる葬儀もあるのです・・・

知られていないだけであるのです。

 

これを知っていれば、もっとたくさんの人が大事な人の葬儀ができたかもしれません。

ぜひ、みなさんも知っておいてください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場でも低価格の葬儀社

 

落合斎場でも、みんなができるような低価格の葬儀社があります。

ぜひ、ご参考にしてください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link