葬儀の準備!

自分でやっておけば家族が安心!自分

 

自分

Sponsord Link

 

落合斎場の家族葬を例に、葬儀を自分で準備、について詳しくみていきましょう。

 

葬儀を自分で準備

葬儀を自分で準備とはいっても、どのように準備しておけばいいのか?

最初はわかりませんよね・・・

 

まずは以下の項目の準備をしましょう。

①葬儀場と火葬場の決定

②葬儀社の決定

③葬儀費用の準備

 

準備する順番も大事です。

それぞれを詳しく確認して準備をしていきます。

 

①葬儀場の決定

まず最初に葬儀場の決定です。

葬儀場には様々なタイプがあります。

 

火葬場が併設している葬儀場もあれば、そうでない葬儀場もあります。

葬儀場と火葬場が両方あると、移動もなく時間も短縮できて大変便利です。

マイクロバスなどが必要なくなるので費用の削減にもなります。

 

落合斎場は葬儀場と火葬場が両方ある葬儀場で、大変便利で毎日たくさんの方々に利用されています。

大規模なので多人数対応が可能で設備は充実しています。

無料の駐車場も多数あり、交通機関からのアクセスも便利です。

 

②葬儀社の決定

葬儀場の決定をしたら次に葬儀社の決定です。

 

絶対に葬儀社から決定をしないでください。

葬儀社から決定すると、葬儀社の忙しさや都合に巻き込まれる可能性があります。

葬儀社が自社の葬儀場を所有している場合、そこで葬儀をするように必ずうまく誘導されます。

最終的に葬儀費用が高くなってしまう可能性もあります。

 

必ず葬儀場から先に・・・決定しましょう。

 

葬儀社の決定は重要です。

葬儀社によって、費用がぜんぜん違うからです。

驚くほど高くて、社員の対応が悪い葬儀社もたくさんあります。

十分に注意しましょう。

 

③葬儀費用の準備

葬儀費用の準備をしなければなりません。

葬儀社が決まったら見積りを作成してもらい、遺族のためにも、その金額は準備しておきましょう。

 

葬儀社は追加料金なしの葬儀社がベストです。

追加料金のある葬儀社だと、最初にもらった見積りよりも最終的に費用が高くなるのです。

それでは、準備した費用よりも高くなるということですので、遺族も大変ですからね。

 

準備が遺族に気づかれない

葬儀の準備をしたのにいざ自分が亡くなった時に・・・

家族が知らずに、ぜんぜん違う葬儀社に依頼してしまう・・・

なんて事がよくあるのです。

 

なので準備をしたら、必ず言葉で、家族に伝えておきましょう。

葬儀場、葬儀社、見積り、お金、すべてどこに依頼するのか、紙に書いて伝えておくのが大切です。

 

追加料金なしで低価格で良い葬儀社

葬儀社を選ぶときの注意点は・・・

追加料金なし、低価格、評判も良い、これに限ります。

 

ではどうやって、探せばいいのでしょうか?

普通に探そうと思うと、とても大変ですが、やり方さえ知っていれば、すぐに見つかります。

 

ぜひ、以下をご覧下さい。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場で追加料金なしの格安葬儀社

調べている時間や余裕のない場合に、ぜひ参考にしてください。

 

葬儀業界の人間もよく依頼する、低価格で追加料金なしの葬儀社です。

私の知る限り、もっとも安いのに、評価も良い葬儀社です。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

無料相談から

何事も始めるのは難しいですよね。

ですので、まずは無料相談から始めましょう。

質問だけでも大丈夫です。

お気軽にご連絡ください。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

簡単な質問でもなんでも大丈夫です。

→最初はメールで無料相談!

 

Sponsord Link