無宗教葬儀の式次第!

やっぱりやめた理由とは!

式次第

Sponsord Link

落合斎場の家族葬を例に、無宗教葬儀をやっぱりやめた理由、について、まとめてみました。

 

無宗教葬儀について

まずは無宗教葬儀について、いったいどういうことなのか、誰でもわかるように簡単に説明できればと思います。

 

通常、ご葬儀というのは宗教に、のっとって執り行われます。

日本人の大半は、仏教に縁がある方が多いので、仏式で葬儀を行う事が多いのです。

その他、キリスト教式や神式などの葬儀もあります。

 

では無宗教の葬儀の場合はどうでしょう。

無宗教なので、なんの宗教にもこだわる事無く、葬儀ができます。

つまり、自分ですべて決められる、自由な葬儀ができるのです。

 

ほぼ無宗教

いま、現代社会ではほぼ無宗教な人が増えています。

なぜ、無宗教の人が増えているのか・・・

 

それは、田舎から上京してくる人が多いからなのです。

田舎では、だいたいの人がお付き合いのあるお寺や宗教があったはずです。

 

ですが、田舎から離れた人は、田舎の宗教とは付き合いがなくなり、上京してからも、宗教との付き合いもない・・・

こうなると、もう無宗教化するわけですね。

 

無宗教葬儀

では無宗教葬儀ですが、何をすればよいのでしょうか?

実は、これが問題なのです。

 

何もやることがないのです。

何もやることがないので、無宗教葬儀の式次第を自分で考えなければならないのです。

 

宗教にのっとった葬儀というのは、お布施というお金を払って、葬儀式をしてもらっているわけです。

なので、無宗教であれば、自分で葬儀を考えなければならないのです。

 

無宗教葬儀はおすすめしない

たとえば、ありきたりな献花や黙祷、お焼香などをしても、すぐに終わってしまいます。

やることがなく、葬儀をした感じがしないのです。

参列した親族も、ポカーンとなってしまうわけです。

 

ご自分で、無宗教葬儀の企画、演出、運営を行うにしても、かなりの労力とお金がかかるでしょう。

外注すれば、費用はかなりのもとなるでしょう。

 

はっきり言って、まったくおすすめできないのです。

これを聞くと、やめてしまう人も多いのです。

 

無宗教でも伝統文化の仏式でよい

実は無宗教でも仏式でよいのです。

つまり、無宗教ということは、どんなカタチで葬儀をしてもよいのです。

 

日本人が一番、馴染みがあり、伝統文化でもある仏式の葬儀をしてもよいのです。

お坊さんは、葬儀だけ、法事だけ、でも依頼できる時代です。

 

むしろ、檀家関係のお寺さんに依頼するより、ぜんぜん安くなります。

なぜか?そこには競争があるからですね。

 

葬儀社は必要

無宗教で葬儀や家族葬をするにしろ、しないにしろ、葬儀社は必要です。

葬儀社選びで、葬儀の費用は驚くほど違うので、注意が必要です。

 

そこで、誰でも簡単に安くて親切な葬儀社が見つかる方法をご紹介します。

何でも知らないと損なのです。

 

ぜひ、以下のサイトをご覧下さい。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場で最安値級の家族葬

落合斎場で家族葬を行いたいので、落合斎場で最安値級の葬儀社を知りたい方は、以下をご参考にしてください。

信頼性も高く、リピーターも多い葬儀社です。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

事前相談は必須の時代

安くて良い葬儀をするのなら、事前相談は必須の時代です。

相談はすべて無料です。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料のメール相談はコチラ

→最初はメールで無料相談!

 

 

Sponsord Link