直葬で参列客を呼ぶ場合の常識や注意点!

ヘタすると大迷惑です!

 

参列

Sponsord Link

 

家族葬とともに増え続ける直葬ですが、常識や注意点はおさえておきましょう。

落合斎場の直葬を例に、常識や注意点をみていきます。

 

直葬とは?から説明します

直葬とは、いったいどんな葬儀なのでしょうか?

最近では、かなり多くの方が直葬という言葉をご存じでしょう・・・

 

しかし、最低限のマナーや常識を知っている人は少ないかもしれません。

 

直葬とは、最低限の葬儀スタイルです。

お通夜や告別式といった、葬儀式はいっさい行いません。

ただ火葬をするだけの葬儀スタイルです。

 

直葬の場合の注意点!

それでは、落合斎場の場合の直葬を例に、直葬の注意点をみていきましょう。

 

直葬を行う場合、火葬中の控室が必要になります。

この控室で問題が起きる場合があります。

 

人数が多いと通行の邪魔に

火葬中の控室を予約する場合、とうぜん、お金がかかります。

10名から30名くらいの場合の控室を予約すると、1.5万円から2万円くらいかかります。

 

直葬の場合、人数は少ないからと、費用を抑えるために控室はいらないという家族もいらっしゃいます。

直葬の場合でよくあるのが、人数は少ないと言っていても、結局10名から20名くらい親族が落合斎場に集まってしまう場合があります。

 

そうすると、控室がないので、通路やロビーのわずかな席にたむろしてしまうわけです。

ロビーや通路は、火葬場に来られている方々の、共用の場所なので占領してしまってはいけません。

 

落合斎場には毎日、たくさんのご家族とその関係者が来られています。

通路やロビーにたむろしてしまうと、通行の妨げにもなってしまうのです。

 

人数が少なければ椅子席

人数が少なくても、落合斎場には椅子席と呼ばれる、少人数専用の控室があります。

共用の控室ですが、一席が660円で利用する事ができます。

 

人数が少なくても椅子席などを予約して、共用の場所を占拠したり、通行の妨げにならないように注意しましょう。

みなさんの共用の場所である火葬場の常識やマナーとなります。

 

直葬の格安葬儀社

直葬をお考えの方に、格安葬儀社のご案内をいたします。

葬儀社の費用は、各社それぞれで、高額なところもあれば、低価格なところもあり、おどろくほど違います。

 

一番良いのは、安くても素晴らしい葬儀社を見つけることです。

現代社会では、安くて良い葬儀社を紹介してくれるプロのサイトがあるのです。

ぜひ、ご参考に。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場で最安値級の直葬

落合斎場で直葬を行う事が決まっている方は、ぜひ、ご確認ください。

私の知る限り、もっとも安い直葬の葬儀社です。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

事前相談はものすごく大事

事前相談はものすごく大事です。

高額な葬儀社に依頼してしまって、後悔する人は、事前に何も決めていない方々です。

 

無料で相談が可能ですので、ぜひ、ご利用ください。

フリーダイヤル

0120-81-9494

無料のメール相談は可能です。

→最初はメールで無料相談!

 

 

Sponsord Link