まず最初に、新型コロナウィルスでお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

 

新型コロナウィルスで亡くなられた場合。

落合斎場で葬儀・家族葬・直葬は可能なのでしょうか?

 

ウィルス

Sponsord Link

 

東京でも猛威をふるいだした新型コロナウィルス。

今後、どうなっていくのか、日本国民の不安は増すばかりです。

 

葬儀や家族葬は不可能!

新型コロナウィルスで亡くなられた場合・・・

落合斎場でも、その他の葬儀場でも、一般葬や家族葬などお通夜や告別式などの儀式を行う形式の葬儀はできない、と考えてよいでしょう。

 

先日、お笑い界の大御所である、元ザ・ドリフターズの志村けんさんが、新型コロナウィルスで亡くなられました。

その際に、ご遺族・ご親族の方々は、お亡くなりになった後、感染対策のためご遺体と面会することもできなかったとのこと・・・

その後、志村けんさんと再会できたのは、火葬されてお骨になってからという、あまりにも悲しい現実でした。

 

この事実からも、新型コロナウィルスで亡くなられた場合、一般葬や家族葬が不可能なのだと、知る事ができます。

 

しかし、直葬つまり火葬に関しては、どこかしらの火葬場で行わざるおえません。

受入の火葬場は、かなりの綿密な準備が必要になるかと思われます。

 

現状は落合斎場で、新型コロナウィルスで亡くなられた場合に火葬を受入ているかわかりませんが、今後、死亡者が増え続けていけば、都内のすべての火葬場が対応しなければならない事態となるでしょう。

 

葬儀業界も手探り状態!

葬儀業界も手探り状態が続いている状況です。

医療業界は専門家がおりますので、都度、特別な感染防止策が指示されるかと思いますが、葬儀業界の場合は、ガイドラインも乏しく、どうしていいかわかりません。

 

火葬時に受け入れる場合となれば、落合斎場もそうですが、ご遺体の搬送や納棺を行う葬儀社もそうです。

どこまで感染対策をすれば対応できるのか?

 

今現在、防護服もマスクもゴーグルもなかなか手に入らない状況です。

現在、葬儀業界もこれから起こりうる未来を考えると戦々恐々としております。

 

 

通常の葬儀も縮小傾向

いま現在、通常の葬儀も縮小傾向にあります。

密閉、密集、密接、3つの密の自粛が発表され、まさに、3つの密の傾向が強い葬儀が縮小傾向にあるのです。

 

さらに先日、愛媛県松山市の葬儀でクラスター感染が発生しました。

参列者に新型コロナウィルス感染者がいたわけです。

 

今後はさらに、一般葬は縮小傾向となり、家族葬が主流になり、家族葬も本当に数名で執り行われる事が多くなるのではないでしょうか。

 

少人数で低価格な家族葬

少人数で低価格な家族葬が今後は増えるでしょう。

ご参考にしてください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場で少人数で家族葬

落合斎場に特化して少人数でとても安い家族葬の葬儀社です。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

事前相談で不安解消

不安な方はぜひ、事前相談をご利用ください。

簡単な相談で、すぐに安心することができます。

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

メール相談はこちら。

→最初はメールで無料相談!

 

 

Sponsord Link