落合斎場で一日葬を選んだ理由!

負担も減るうえ安くなるから・・

 

決意

Sponsord Link

 

一日葬って、負担も軽くなるし、しかも安いの?

いいこと尽くし?

落合斎場の一日葬を例に、負担も減るうえ安い、について、まとめてみました。

 

まずは一日葬って?

最近、増えている一日葬ですが・・・

まずは、知らない人もいると思いますので、一日葬とはなんぞや?というところから、説明していきましょう。

 

一日葬とは、言葉からもわかるように、一日で行われる葬儀です。

みなさんが知っている葬儀は、お通夜から告別式と2日間をかけて行う葬儀だと思います。

 

この2日間のうちのお通夜を省略して、告別式1日だけで行う葬儀が一日葬なのです。

 

そして、その一日葬が、負担も軽くなるし、安いということなんですね。

詳しくみていきましょう。

 

負担が減るとは?

一日葬で負担が減るとはどういうことでしょうか?

 

準備の負担

時間的負担

費用の負担

これらの負担がだいぶ軽減されます。

 

2日間で行われる葬儀が1日になるわけですから、準備する労力も楽になります。

準備の負担が軽減されるのです。

 

また、2日間にわたり拘束されるのが1日になるわけですから、時間的な負担も軽減されます。

 

そして、葬儀のコストももちろん抑えられるので、費用も安くなるのです。

 

 

安くなるの?

上記で費用の負担が抑えられるとお伝えしました。

詳しく説明すると・・・2日間が1日になるわけですから・・・

 

人件費や料理代、などなどコスト削減できるのです。

だから一日葬は安くなるんですね。

 

一日葬のデメリットは?

一日葬には、もちろんデメリットもあります。

 

まずは

宗教的に認められている葬儀ではない・・

ということです。

 

一日葬は現代社会のニーズにあわせて作られた葬儀社などのサービスであり、宗教者が作ったものではありません。

なので、宗教者に認められなければ、一日葬を行うこともできません。

 

また、

大型葬には向きません・・・・

告別式のみの一日葬のなので、告別式後の火葬の時間が定められており、参列者のお焼香時間も限りがあります。人数が多ければ、もちろん全員のお焼香は不可能でしょう。

お通夜があれば、会葬者が数百人参列された場合でも、時間はありますので、お焼香ができるわけです。

 

高い場合も?

1点、注意点なんですが・・・

1日葬といえども、必ずしも安いとはいえない。

 

なんの商品でも高い店と安い店があるように、葬儀もそうです。

一日葬のベースの値段が高い店と安い店があります。

 

葬儀費用の場合、金額が大きいので、葬儀社ごとの差額もけっこうな金額になります。

質や内容はほとんど変わらなくて、数十万円の差があっても、珍しくありません。

 

ですので葬儀社の選択というのは、とても重要になります。

 

葬儀社の選択

では葬儀社はどのように選べばいいの?

現代社会は情報化社会です。

 

正しい情報を持っている人が有利なのです。

ぜひ、以下の方法をご覧ください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場で格安の一日葬

落合斎場で格安の一日葬を希望している場合なら・・・

口コミで安くて有名な葬儀社をご紹介します。

 

もちろん評価も高いので安心です。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

葬儀の基本は事前準備

葬儀の基本は事前の準備です。

事前の準備なくして良い葬儀は難しいでしょう。

ぜひ、ご利用ください。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

メール相談も無料です。

→最初はメールで無料相談!

 

Sponsord Link