Sponsord Link

知らないと損!

豊島区民が自己負担0円で葬儀をする方法!

 

無料 (3)

Sponsord Link

 

豊島区民がよく利用する有名な斎場に、落合斎場があります。

落合斎場の家族葬を例に、自己負担0円で葬儀、についてみていきましょう。

 

自己負担0円ということは無料?

自己負担0円ということは、無料ということなのでしょうか・・・

 

そうです。

完全に無料で葬儀を行うことが可能なのです。

 

当然ですが条件はあります!

みなさん、お気づきだとは思いますが、やはり条件はあります。

全員が無料で葬儀ができたら、葬儀社がすべて潰れてしまいますからね。

 

条件を満たせば、自己負担0円、つまり無料で葬儀をすることが可能になります。

 

生活保護受給者

では、無料で葬儀をすることができる条件とは・・・・

生活保護受給者の葬儀であるということです。

 

生活保護受給者は、そもそも葬儀をあげる経済力がないので、葬祭扶助として葬儀費用が支給されるのです。

 

生活保護受給者にも条件あり

しかし、生活保護受給者であっても、条件があります。

生活保護受給者であっても、貯蓄や資産がある場合は、葬儀費用を捻出することができますので、支給の対象外となります。

 

また、生活保護受給者にも配偶者や子供など、遺族や親族がいる場合が、もちろんあります。

そのような場合、配偶者や子供、親族に葬儀を行う経済力が十分にある場合は、これも支給の対象外となります。

 

しかし、配偶者や親族に経済力があるかどうかの判断はなかなか難しいため、生活保護受給者と認められた限りは、ほとんどの場合で、葬祭扶助として葬儀費用が支給されます。

 

必要最低限の葬儀が可能

葬祭扶助として支給された費用での生活保護受給者の葬儀は、必要最低限の葬儀となります。

国民の税金で賄われるので、最低限の葬儀しかできません。

 

これは考えれば、当然のことですね。

国民の税金を使わせてもらう以上、華美な葬儀はできないのです。

 

どうしても葬儀がしたい

生活保護受給者でも、遺族や親族がいる場合、どうしても普通の葬儀または家族葬が行いたい、という場合があります。

この場合は、遺族が自費で葬儀を行う必要があります。

 

最低限の葬儀ではなくなってしまうからですね。

また、葬祭扶助で支給された葬儀費用に、プラスアルファして、普通の葬儀や家族葬をすることも禁止されています。

 

なぜなら、料金を追加できるなら、最低限の葬儀費用出せるとみなされ、葬儀費用が支給されなくなるからです。

 

本当に安い家族葬

葬儀費用が支給されなくても、どうしても家族葬が行いたいという場合は、葬儀費用が支給されませんので、

最安値級で評価も高い葬儀社をご紹介します。

 

全国で大勢の人々に利用されている信頼性抜群のサイトです。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場の本当の最安値で依頼するなら・・・

落合斎場で最安値クラスの中でも私の知る限り、もっとも安い葬儀社です。

まずは、ご覧ください。

 

この葬儀社を基準に葬儀社探しをするとよいでしょう。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

無料の事前相談を活用

事前相談を行わない葬儀の場合、トラブルがたくさん発生します。

無料の事前相談を有効活用しましょう。

 

無料相談のフリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール相談

→最初はメールで無料相談!

 

(Visited 16 times, 1 visits today)

Sponsord Link