落合斎場で家族葬を執り行う時、遺族とはどこまで?

になるのでしょうか?

 

遺族

Sponsord Link

 

遺族についてまとめてみました。

 

故人の配偶者は遺族

もちろん死亡者が配偶者であれば、残された妻や夫は遺族と

いうカタチになります。

 

故人の子供たちは遺族

死亡者に子供がいたら、子供も遺族というカタチになります。

 

遺族のまとめ

わかりやすくいえば、1家族の誰かが亡くなれば、その家族の

故人以外が遺族というかたちになります。

 

現代社会では核家族化がすすんでいますので、遺族とはあくま

でも一緒に暮らしている家族のみとの考え方が一般的です。

 

しかし、とらえ方しだいでは、直径の孫なども遺族に含める

場合もございます。

 

おじいちゃんからおばあちゃん、孫まで同居のケースも多いです

からね。

 

ですので遺族と一概に言っても、どこまで含めるのかは場合に

よりけりという部分もあるのです。

 

やっぱり、一緒に同居している家族が遺族という考え方が一番、

適しているのではないかと思います。

 

もしもの時に後悔しないように・・・

もしもの時に後悔しないように事前に葬儀の準備をしておきましょう。

 

後回しにして、ぼったくりにあい後悔している人がたくさんいらっしゃいます。

 

是非、以下のサイトを参考にして、ご検討ください。

 

ぼったくりで車一台分!?

落合斎場で葬儀を行う場合でも・・・・・

 

高額の葬儀社と低価格で良心的な葬儀社の場合、100万円くらい費用が異なる場合もございます。

 

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

全国どこでも格安葬儀社を探す方法

落合斎場にこだわらず、全国どこの葬儀場でも、高額な葬儀社と格安な葬儀社はあります。

 

しかし、低価格で評判の良い葬儀社を探すのは、方法を知らないと難しいのです。

 

是非、大事なお金を大切に使ってください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

Sponsord Link