Sponsord Link

 

会社からお香典が出る場合、部署での連名であったり、

部署で一同だったりと様々です。

 

お香典2

 

落合斎場の家族葬でもあまりないかもしれませんが、

一般葬ではふつうにあり得ることです。

 

お香典の連名

お香典が連名の場合、難しい事が1つあります。

 

お香典が連名の場合、お香典は1つですが、人数が複数、

いったい返礼品はいくつ渡せばいいの?

 

連名でも金額は少なければ、1つでいいかもしれません

が、高額であれば人数分お返しするべきです。

 

その場で金額を確認する事ができない場合もあるので、

難しいのです。

 

ですので受付としては連名の場合は、1つなのか人数分

なのか事前に決定します。

 

お香典の一同

お香典の一同の場合は、袋の中に連名の名前が入ってい

る場合もあります。

 

この場合も、返礼品は1つなのか人数分なのか、迷うと

ころなのです。

 

一同で連名がわからない場合は1つでよいですが、一同

の人数がわかって高額であれば人数分、お返ししなけれ

ばなりません。

 

金額の確認がすぐできない場合もあるので難しいのです。

 

連名や一同はやめよう

たとえば、1人につき3000円以上、お香典を出すので

あれば、お香典袋は分けましょう。

 

そうすれば、全員、返礼品が受け取れます。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

Sponsord Link