5分でわかる!

喪主の役割とはどういうものか?

 

喪主

Sponsord Link

 

落合斎場の家族葬や一般の葬儀を例に、喪主の役割についてみていきましょう。

 

喪主の役割とは

喪主の役割と一言でいえば・・・・

葬儀の総合監督であり責任者、運営者である。

 

施主が別にいない場合は、施主の役割も果たす。

施主とは経済的な責任者である。

 

喪主の役割を項目ごとに詳しく説明します。

 

葬儀社を決定する

葬儀社を決定するのも喪主の役割です。

お身内が亡くなった時、ご遺体の搬送をしなければなりません。

 

まずそのご遺体搬送を依頼するのは葬儀社です。

 

葬儀社の紹介を受けるのは注意が必要

葬儀社が決まっていない場合、病院や警察から葬儀社の紹介を受ける場合があります。

その場合、事前に何も決めていないので、葬儀社主導になる場合が多々あります。

 

そうなると高額な葬儀になる場合が多く、トラブルもよく聞きます。

トラブル回避も喪主の仕事です。

 

葬儀形式の決定

葬儀の形式を喪主が決めなければなりません。

 

直葬なのか、家族葬なのか、一般葬なのか、一日葬なのか・・・

どれを選ぶかによって参列に人数も、費用もぜんぜん異なります。

 

喪主が早めに決定しなければなりません。

 

葬儀参列の人数

葬儀の形式が決まったら、葬儀参列の人数を予想して把握します。

直葬であれば親族まで、一般葬であれば関係各位全員に葬儀の通知を行います。

 

人数によって、葬儀場を選択したり、返礼品の数や料理の量を決定しなければなりません。

 

檀家であればお寺の予定を確認

檀家さんであれば、お寺さんに死亡の報告をします。

そして、葬儀を依頼するために、スケジュールの確認をします。

また戒名やお布施の確認も行います。

 

葬儀日程の決定

希望の葬儀場の空き状況や、お寺の予定を考慮して、葬儀の日程を決めます。

葬儀の日程が決定したら、訃報を作成します。

 

出来上がった訃報は、葬儀の形式にあわせて通知します。

 

お通夜

お通夜の時、喪主は開式の1時間半前には葬儀場に到着しましょう。

 

葬儀場で親族やお寺さん、を迎える準備をしましょう。

葬儀委員長や受付を町会に依頼されている場合は、そのお出迎えも大事です。

会社など一般の方が参列する場合は、その対応もこなす必要があります。

一般葬の場合は、気を使いっぱなしだと思ってください。

 

また葬儀社との最終確認を行います。

参列者の最終の予想人数、供花の順番や、名札の間違いがないかなど。

 

お通夜では、喪主の挨拶は、ほとんどの場合、ありません。

一般の人々は、お焼香後は先にお食事をしてお通夜が終了する前に帰っている場合が多いからですね。

 

告別式

告別式の日も、喪主は開式の1時間半前に葬儀場に到着しているのがよいでしょう。

告別式では、喪主の出棺のご挨拶や、精進落としの前のご挨拶などがあります。

 

喪主の役割 まとめ

喪主の役割が5分でわかったかと思います。

やはり家族葬より一般葬の方が喪主の役割も大きくなりますね。

 

一般葬だと、一般の方が来場するわけですから、気の使い方もハンパじゃなくなります。

 

喪主の役割・・・最後にこれも絶対・・・

 

喪主の役割もすごく大事なのですが・・・

最後に来れも言わして下さい。

 

葬儀の事前準はもっと大事です。

事前準備で葬儀に費用がどれだけ変わるのか・・・

下手をすると車一台分、違くなります。

 

絶対に事前の準備をしください。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

事前準備ができない人でも

事前準備ができない人でも・・・

以下をご覧ください。

 

高額な葬儀で遺族がすご~く困る前に・・・

格安で優秀な葬儀社を知っておいてください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link