お通夜の手伝いを頼まれる場合があるかと思います。

ズバリ!帰れる時間は?

 

ズバリ

Sponsord Link

 

小さいお子さんを家に残している場合など、帰れる時間がどうしても気になるかと思います。

落合斎場の一般の葬儀や家族葬を例に、お通夜の手伝い、帰れる時間について、まとめてみました。

 

お通夜で手伝う事は・・

お通夜で手伝う事は、だいたい以下の2つの事です。

受付と誘導です。

 

受付は、お香典を受け取り、金額を計算して、リストを作成し、ご遺族にお渡しします。

誘導は、駅から斎場であったり、斎場内で、参列者の誘導を行ったりします。

 

お通夜が始まる時間は・・・

落合斎場でお通夜が始まる時間は、ほとんどが、午後6時からです。

ですのでお手伝いの方々が集まる時間は、だいたい1時間前の午後5時くらいが一般的です。

 

午後5時半くらいには、一般の参列者の方々も集まり始めます。

午後5時には来場して、5時半には、始められるように準備するのがベストです。

 

お通夜の終わる時間は・・・

お通夜の終わる時間は、午後7時くらいが平均的な時間です。

参列者の数が多ければ、午後8時近くになる場合もありますし、少なければ、午後7時前に終わる事もあります。

 

お通夜は、参列した方のお焼香がすべて終わらなければ、終了とはなりません。

お寺さんのお経は午後7時前にはだいたい終わりますが、参列者の数が多い場合には、お経が終わり、お寺さんが退席した後も、お焼香は続いていきます。

ですので、遅い場合は午後8時、またはそれ以上になる場合もあります。

 

平均的な時間で考えれば午後7時に終了

お通夜が終わる時間を平均的な時間で考えれば・・・

午後7時くらいです。

 

参列者も100名以内であれば、午後7時にはお通夜も終了します。

 

誘導案内のお手伝いは、参列者のお焼香が終われば、ほぼ終了です。

受付のお手伝いの場合は、以下のように遅くなる事もあります。

 

受付の場合は、金額とリストがあうまで

受付のお手伝いをされる方は、お香典の金額を確認して、参列者の名前と金額をリスト化していきます。

リストの合計金額と、現金が一致して、はじめて終了となります。

 

参列者もあまり多くなく、受付に慣れている方の場合は、お通夜の終了と共に終わる場合も多いですが・・・

参列者の人数が多かったり、慣れていない方の場合、よくリストの合計額と現金があわなかったりします。

 

そうなるとお金があうまで確認作業をしなければなりません・・・

すると午後7時半くらいまで、またはそれ以降まで時間がかかることもあります。

 

スムーズに終われば午後7時、その後、プラス食事時間・・・

お通夜のお手伝いですが、スムーズにすべて終われば午後7時には終わるでしょう。

お手伝いいただいた方には、そのあと、お食事の接待がありますので、プラス食事時間がかかることになります。

 

用事があれば、お食事はお断りしても大丈夫です。

お通夜のお手伝いで帰れる最短の時間は、食事をしない場合は、午後7時と考えておきましょう。

 

最後にもう1つ・・・

お通夜のお手伝いの時間、お役にたてたでしょうか?

最後にもう1つ、お伝えさせてください。

 

みなさんにも、いずれは関係がある話しかと思います。

実は、現在、日本では葬儀離れという問題があります。

 

それはなぜか?

葬儀が高いからです。

葬儀が高いから、みんな、葬儀が出来ない、したくない、二度としない・・・と思っているのです。

 

大事な人の葬儀ができない、こんな残念な事はありません。

 

ですが以下の事を知っていれば、みなさん大事な人の葬儀がきっとできます。

実は、低価格で親切な葬儀社が探せばあるのです。

 

以下の方法を使えば、みなさん格安で素晴らしい葬儀社を見つける事ができます。

→誰でも見つかる!あなたの近所の低価格で優秀な葬儀社!

 

落合斎場の最安値の家族葬

 

以下に落合斎場の最安値レベルの葬儀社を紹介します。

私が知っている中では、最安値の良い葬儀社です。

 

高額な葬儀社で後悔しないように、ぜひご覧ください。

→出会えてよかった!本当に安い葬儀社!少しでいいので1度みてください!

 

 

Sponsord Link